漢方

漢方薬も西洋薬も「患者様の症状の改善」を目的とする点では同じです。
当院では、従来の西洋医学に漢方も取り入れて、患者様の症状の改善を目指します。
その人の体質や疾患に応じて、必要と判断すれば適切な漢方薬を処方致します。

どういう人に効き目があるか

体質に合うと非常に効果を感じられるのが漢方薬です。
たとえば冷え症や長引く頭痛、原因不明の疲れなどで、一般的に処方される薬ではなかなか効き目を感じられない方が、漢方薬を飲んで劇的に症状が軽減した、ということはよくあります。

漢方の効果

西洋薬が、疾患の原因部位にアプローチするのに対して、漢方薬は疾患を抱えた体全体にアプローチします。
漢方薬は、体全体の調子を整えていく働きがあります。

当院内で処方できる漢方薬の一部

かぜ、肩こり 葛根湯(カッコントウ)
不眠、イライラ 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
鼻炎 小青龍湯(ショウセイリュウトウ)
更年期(冷え、ほてり、肩こり等、月経不順) 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、加味逍遙散(カミショウヨウサン)
食欲不振、体力低下 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)、十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)
胃炎 六君子湯(リックンシトウ)
便秘、肥満 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)
痰のからむ咳 清肺湯(セイハイトウ)
便秘 麻子仁丸(マシニンガン)
抑うつ気分、神経性胃炎、のどのつかえ 半夏厚朴湯

ほかにも院内に取り揃えております。院内にないものは院外処方となります。
西洋薬と漢方薬、それぞれの特徴を生かし、患者様の症状の改善を目指します。

漢方と西洋薬を組み合わせて、あなたにベストの治療を

「漢方薬は副作用がない」「漢方は効き目が緩やか」
この認識はちょっと違います。
「一般的に漢方薬は副作用もない代わりに、効き目も緩やかで即効性はない」と思われていますが、実はそうばかりとも言い切れません。
副作用が少なく、幅広く色々な症状の方に使える薬もあれば、長期間の服用で、副作用の出現もありうる為、限定的な症状に対して、投与期間、投与量等を慎重に考えて処方する場合もあります。
薬効と副作用を併せ持つのは西洋薬も漢方薬も一緒です。
しかし、一般的には西洋薬よりも体に優しいことが多いですので、「西洋薬ではあまり効果が無かった」「検査では異常無しで薬をもらえなかったが、なんとなく体調がスッキリしない…」そんな方にこそ、漢方薬で体調を整えていただきたいものです。

かんやま内科 052-451-0588 かんやま内科 052-451-0588
かんやま内科プラセンタ美容サイト 院長ブログ
アクセス 求人情報